佐賀リハネット

   ↓クリックすると動画が見れます

第1回

『壁ペタ伸ばし』で

疲れた体をリセットしよう

第2回

STOP熱中症~かくれ脱水対策~

 

 第3回

HIITトレーニング

 

 第3回 HIITトレーニング

                                       

 

 

 

第2回 STOP熱中症 ~かくれ脱水対策~

熱中症といえば、高熱が出るイメージがありますが実は、体の中では水分が失われる脱水が最初に起こる病気です。

この脱水状態は、最初のうちは気づきにくいので脱水に気づかない状態を『かくれ脱水』と名付けられ注意が必要です。
     

 

  かくれ脱水や脱水状態を見分ける方法

 1.握手をする
  握手をして手が冷たくなっている場合、体の水分が足りない可能性があります。
     循環が悪くなると手が冷たくなるので脱水状態のサインになります。
 2.手の親指の爪を押す
 親指の爪を白くなるまでギュッと押してから離し、元のピンク色に戻るまでに
    3秒以上かかる場合脱水状態になっている可能性があります。
 3.手の甲の皮膚を引っ張る
    手の甲の皮膚を引っ張り、元の状態に戻るまで3秒以上かかる場合、脱水状態が疑われます
 4.舌の状態をみる
    脱水状態になると舌の表面がザラザラしたり赤黒い色になります。
 

 脱水状態時の対策

 まず経口補水液などで水分補給をする事が必要です。
水やお茶には電解質が足りないので、水分だけ補給しても完全には治りません。脱水が進んだ時は、水分だけよりも体に必要なナトリウムイオンなど電解質がバランスよく含まれている「経口補水液」が効果的です。家庭でも簡単に作れますので紹介したいと思います。
 
●材料(1リットル分) 
水(湯冷まし)     1リットル 
砂糖       40グラム(大さじ4と2分の1杯)
塩         3グラム(小さじ2分の1杯)
レモン汁     少々 
 
●作り方
1.砂糖と塩を水に入れ、よく溶かしてください
2.レモン汁を加えると飲みやすくなります
 
 
注意点
作ったその日に必ず飲むようにしてください
作った経口補水液は一気に飲まずにコップ1杯分30分かけて飲むのが目安です
あくまでも市販の経口補水液がない場合に作ってみてください

      

 

 第1回 『壁ペタ伸ばし』で疲れた体をリセットしよう

コロナウイルスの影響で自宅で過ごす事が多くなったあなた・・・そろそろ体の疲れがたまってくる頃かもしれません。そんな時は「壁ペタのばし」で体を軽くしていきましょう!!

疲労をリセット
姿勢が悪く、使わない筋肉が増えると、筋肉がかたくなります。ストレッチで筋肉をのばす事で血流がよくなり、疲れの原因になる老廃物や疲労物質をスムーズに体外に排出!姿勢も改善され疲れにくい体になります。
 

 

 ※参考資料
理学療法士 佐藤義人先生著書
-1分間だけ伸ばせばいいーより

自律神経の乱れをリセット
悪い姿勢で首や肩に負担がかかると筋肉が固くなって自立神経が乱れる原因に。筋肉や関節がほぐれることで、自立神経のバランスが整い寝つきが良くなったり、冷えが改善するなど、不調の改善が期待出来ます。
 
免疫力の低下をリセット
正しい姿勢をキープして、筋肉が良く動くようになると腸の運動が活発になります。免疫細胞の役6割~8割が集まると言われる腸内環境が整う事で免疫力アップして風邪をひきずらい健康な体に!

 

 

1 腕を上にのばして、壁に手のひらをつける
両足を肩幅に開いたら、壁に向かって立ち、つま先を壁につける。両腕を真上に伸ばして、壁に手のひらをつける。この時、胸が壁から離れないようにする。

 
 

 2 壁に胸をつけたまま5秒かけ

 ぐっと腰を落とす
手のひら、胸、膝をつけたまま、息を吐きながら5秒かけてグッと腰を落とす。この時、お尻をつきだしながら、背中を縮める事を意識して。腰を落としたら、1の姿勢に戻るこれを10回実施します。
 

 

     

                


 『壁ペタ伸ばし』の動画はこちらからご覧頂けます。

 

 

 

 

(C)SAGA REHABILITATION HOSPITAL.All Rights Reserved.