薬剤課

薬剤課のあいさつ

当院の薬剤部の理念は、患者の立場に立って医療スタッフの一員である薬剤師の仕事を積極的に果たすことであり、その実現に向けて業務に取り組んでいます。
入院された患者様の持参薬の識別、服薬状況の確認、指導を行い、担当医、看護師、MSWなど他の医療スタッフとも連携を図りながら、入院から退院まで患者様一人ひとりに適した薬物療法の推進に努め、ご依頼があれば退院後の薬についてのご相談も承っています。医薬品の調剤だけでなく、注射剤の調整、薬剤安全管理、薬剤情報提供と、薬の専門職として、 今後も、身近にいる薬剤師、地域医療に貢献できる薬剤師を目指し、日々の業務に努めていきます。

薬剤課 理事   吉田 美智子

薬剤課の仕事

1.調剤業務・処方内容チェック

  • 必要時、持参薬の確認
    相互作用、禁忌のチェック
  • 処方内容に疑問がある時は、処方歴を確認して調剤
  • 患者様が飲みやすいように一包化  印字(月日、用法)

薬局イメージ薬局イメージ薬局イメージ

2.注射剤の調整

  • 薬イメージ入院では、患者様一人ずつセット
  • 注意するべき内容、投薬時間や
    間違いやすい薬剤については、ラベルを入れて、
    病棟に伝えています。
     

 

 

3.医薬品情報提供業務(DI)

医薬品の問い合わせ

  • 製薬会社から情報収集
  • 医薬品に関する最新の資料、書籍を常時取り揃え対応。

患者様の持参識別

入院時に持参薬を確認
薬の飲み合わせ、患者様からの薬に関する情報をチェック
…副作用歴、アレルギー歴など確認

4.病棟における薬剤管理指導

入院から退院までの薬の確認を行い、患者様に指導して正しい服用方法や効果、副作用などの情報提供を行っています。

患者様へ

薬局イメージ入院当日には、現在飲んでいる(使用している)お薬をすべてお持ちください。当院で処方されたお薬、他の病院から処方されたお薬のほかに、薬局にてご自分で購入された薬も含みます。その他サプリメント、健康食品などもご持参ください。
また、お薬手帳やお薬説明書などがありましたら、一緒にお持ちください。

外来処方箋について

お薬は、院外の保険薬局でお受け取りください。

5.医薬品管理

薬局内、病棟、外来、放射線部の在庫管理を行います。
必要な薬品をいつでも提供できるように、期限切れ、デットストックを置かないように管理しています。

6.麻薬・向精神薬の管理

法律で規定されている取り扱いや保管管理に基づいて、購入、施用、残薬の廃棄にいたるまで薬剤師が管理を行っています。

7.勉強会の実施

医療スタッフと協力し合い、年2~3回の勉強会を行っています。

(C)SAGA REHABILITATION HOSPITAL.All Rights Reserved.